MENU

カードローンと結婚式

「もうすぐ彼女との結婚、けれども貯金がない」ブライダルを控えた花婿にとって、仁斎最大の出費が結婚式です。結婚式は楽しいものというイメージが強いのですが、実際のところ、そんなに甘い話ではありません。

 

結婚式の費用は招待する人数や式場のランクによっても変わってきますが、一般的には500万程度必要だと言われています。20代や30代前半に結婚する花婿にとって、この数字は大きなものだと思います。ここまでかからなくても、タキシードのレンタル代、二次会代、引き出物代、司会者代、会場レンタル費、料理代…さまざまなコストを入れると最低でも300万程度はかかるそうです。

 

両親や身内からお金を工面してもらう方法も考えられますが、家庭の事情もあり、そううまくはいかないケースも多いでしょう。

 

そんなときに、あなたの味方になってくれるのが「カードローン」の存在です。

 

カードローンの良いところは「結婚資金にも使うことができる」ということです。まとまったお金を借りることが出来るのは、カードローンならではだと思います。ブライダルローンなどの形で、商品が出ていることも多いのです。

 

結婚費用にも利用ができるカードローン、本格的に使用するには「一定の審査」も必要になります。

 

審査の基準は借り入れ先によって異なりますが、一般的に銀行は消費者金融よりも厳しいとされています。特に金利が限度額によって低くなるオリックス銀行カードローンを使うための審査は収入面などで基準が厳しくなります。